1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎駅西口にエンタメホール 22年度開業へ ホリプロ整備

川崎駅西口にエンタメホール 22年度開業へ ホリプロ整備

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月24日(水) 21:10

ホール入り口周辺のイメージ図(川崎市提供)

 JR川崎駅西口の再開発エリアに、音楽イベントなどが開催できるエンターテインメントホール「グリーンアートシアター」(仮称)が誕生する。

 芸能大手・ホリプロ(東京都)を代表企業とする事業者が大小の2ホールを整備・運営し、「緑のまちづくり」「音楽や映像のまちづくり」をコンセプトに新たなにぎわいを創出する。

ホールが整備されるエリアのイメージ図(川崎市提供)

 4月以降に着工、2022年度中のオープンを目指している。

 建設場所は同市幸区大宮町で、JR東日本が整備中の新街区「KAWASAKI DELTA(カワサキ デルタ)」の隣接エリア。敷地面積約1027平方メートルの市有地を活用して3階建てホールを新設する構想で、市が16日に事業者と協定を結んだ。

観覧型と参加型の企画提供

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

川崎駅に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング