1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 障害児と遊べる公園に 「インクルーシブ遊具」設置へ

平塚市予算案
障害児と遊べる公園に 「インクルーシブ遊具」設置へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月16日(火) 12:54

平塚市役所

 平塚市は2021年度から、障害児と健常児が一緒に遊べる「インクルーシブ遊具」を設置した公園整備事業に取り組む。21年度当初予算案に設計などの事業費1100万円を計上した。市は22年度中の完成を目指す。

 インクルーシブ遊具は、背もたれ付きのブランコやスロープ付きの複合遊具、車いすの利用者が遊びやすい高さに設置された砂場など、さまざまな種類がある。柔らかい素材や認識しやすい色使いなど、細かな工夫も施されている。

 昨年3月、東京都世田谷区の砧公園に全国で初めて設置された。設置事例はまだ少なく、県内では藤沢市が今年3月、秋葉台公園に既存の遊具を改修して整備する予定という。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

予算案に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング