1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 大井町予算案、コロナ影響で税収大幅減 ハード整備膨らむ

大井町予算案、コロナ影響で税収大幅減 ハード整備膨らむ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月13日(土) 05:00

大井町役場

 大井町は12日、2021年度当初予算案を発表した。一般会計は過去最大となった前年度から5・5%減額し、過去3番目の予算規模となった。

 歳入は、個人町民税が3300万円減で、町民税全体では5・7%減。新型コロナウイルスによる休業の影響で入湯税約300万円もほぼゼロと見込むなど大きく税収が減る見通し。町債発行を23・1%増やし穴埋めする。

 歳出は、大井中央公園整備に6億6200万円を盛り込み、幼稚園園庭芝生化や小学校施設改修などハード整備が膨らむ。新規就農者への独自支援制度などに550万円を計上、農業移住者の呼び込みも図る。(深沢 剛)

【2021年度当初予算案】
一般会計 59億7000万円( 5.5%減)
特別会計 29億8600万円( 1.5%増)
企業会計 15億9500万円(16.2%増)
…………………………………………
総  額 105億5100万円(0.8%減)
※100万円未満切り捨て

予算案に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング