1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 川崎市が「内水氾濫マップ」公表 浸水の深さ、一目で

減災
川崎市が「内水氾濫マップ」公表 浸水の深さ、一目で

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月12日(金) 20:43

想定される浸水深を色分けした「内水ハザードマップ」

 川崎市は12日、最大規模の降雨があった場合の内水氾濫による浸水深を想定した「内水ハザードマップ」を公表した。

 浸水想定エリアは市全域の約15%。多摩川に近い高津区では最大想定2メートル以上の地点もあった。

 初の取り組みで全7区それぞれの地図を作製。市ウェブサイトで公開するとともに、15日から各区役所などで配布する。

5段階に色分け

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題。詳しくはこちら

浸水に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング