1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 蜃気楼? 森会長の乱:菅の官邸

特別編集委員・有吉 敏
蜃気楼? 森会長の乱:菅の官邸

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月8日(月) 05:00

 当欄でたびたび登場する「加藤の乱」に今の首相・菅義偉は連座した。退陣を迫った時の首相が森喜朗。よもや20年後に東京五輪・パラリンピック組織委員会会長に就いていて、ともに実現に四苦八苦するようになるとは予想もしなかったに違いない。

 菅が森を嫌ったのは、国民への説明をしない上に傲慢な姿勢だった。口癖である「ひでえよな」を初めて耳にしたのはこの頃と記憶する。最近こそ改善されてきたが、首相会見に慎重姿勢の菅をして「説明しない」と言わしめるほどひどかったのだ。「女性蔑視」と指摘された発言を巡る4日の謝罪会見で一目瞭然。口を開いただけまだましで、首相在任中には内閣記者会との「沈黙のバトル」もあった。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅の官邸に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング