1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 立民・枝野代表「野党共闘で政権交代」 合流後初の党大会

立民・枝野代表「野党共闘で政権交代」 合流後初の党大会

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年2月1日(月) 05:00

オンライン形式で開かれた立憲民主党の定期党大会であいさつする枝野代表=31日午後、東京都内のホテル(共同)

 立憲民主党は31日、合流新党として初めてとなる定期党大会を東京都内で開き、今後1年間の活動計画を採択した。

 4月25日投開票の衆参両院補欠選挙や地方選挙などを次期衆院選に向けた活動と連動させる。

 枝野幸男代表は野党共闘を進め、政権交代を目指す考えを表明。新型コロナウイルス感染拡大を招いたのは政府の失策のためだとし「人災だ」と批判した。

阿部県連代表「批判でなく、政策示す」

 合流後、初の定期党大会で立憲民主党は秋までに間違いなくある総選挙に向け準備を急ぐ方針を確認した。

 菅義偉首相(衆院2区)の地元である横浜ではカジノを含む統合型リゾート施設(IR)構想を巡り与野党が激しく対峙(たいじ)。銀座クラブ通いが問題となった与党幹部2人の選挙区もあり、神奈川が政権交代へ向けた主戦場となりそうだ。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

立憲民主党に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング