1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 追跡縮小「現実的」「もう少し頑張る」 保健所は対応二分

新型コロナ
追跡縮小「現実的」「もう少し頑張る」 保健所は対応二分

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月25日(月) 05:00

県が「<新型コロナ>皆様からのご質問にお答えします」と題して1月20日に公開した動画の画面から

 新型コロナウイルスのまん延を受け、濃厚接触者の調査範囲を縮小すると打ち出した県の方針転換が、県内の自治体に波紋を広げている。

 保健所業務の負担軽減につながると同調する動きがある一方、市民の不安を懸念して従来の態勢を維持するケースも少なくない。

 感染リスクが高い施設に重点化する優先順位を巡り、対応が割れる実態が浮かび上がった。

 「これだけ市中感染が広がっている中で、濃厚接触者を掘り起こす作業は意味がない」

新方針の妥当性を強調

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング