1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. ガースー語の催眠術:菅の官邸

特別編集委員・有吉 敏
ガースー語の催眠術:菅の官邸

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月25日(月) 05:00

 学生時代からの知人との会話で「その指摘は当たらないな」と答えたところ、「おまえも『ガースー語』の修得者か」と笑われた。首相・菅義偉の官房長官時代の「決まり文句」や話術をやゆした名称だが、この新言語に「催眠術」効果が潜んでいることが分かってきた。

 先日の会見のやりとりを機に「国民皆保険の見直しか」との論争がネット上などで勃発した。以下が問題の菅発言である。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅の官邸に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング