1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 女性6人に体液かけた県警巡査を停職処分 本人は依願退職

女性6人に体液かけた県警巡査を停職処分 本人は依願退職

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月22日(金) 18:45

神奈川県警本部

 神奈川県警は22日、駅構内で女性に体液をかける行為を繰り返したとして、器物損壊や暴行の疑いで逮捕、書類送検された第1機動隊の男性巡査(27)を停職6カ月の懲戒処分とした。巡査は同日、依願退職した。

 県警監察官室によると、巡査は昨年2月2日~10月6日、JR横浜、川崎、大井町などの各駅構内で、いずれも20代の女性6人のバッグや体に、プラスチック容器に入れた体液をかけた疑いが持たれている。

 巡査は容疑を認め、「女性に体液をかける動画をインターネットで見つけ、興味を持った。30回ほどやった」と供述。動機について「最初は性欲だったが、次第にスリルを味わいたい気持ちが勝った」と話しているという。

 巡査は昨年10月に器物損壊容疑で警視庁に逮捕された。その後の警視庁と県警の捜査で今月22日までに計5回、器物損壊や暴行容疑で東京地検、横浜地検に書類送検された。

 同室の重江光一室長は「被害者をはじめ県民に深くおわびする。職員の非違事案防止と綱紀粛正に努める」とコメントした。

暴行に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング