1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市長は「民意聞く姿勢欠如」 住民投票請求団体が批判

IR考
横浜市長は「民意聞く姿勢欠如」 住民投票請求団体が批判

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2021年1月7日(木) 05:00

市役所前で住民投票の実現を訴える市民団体のメンバーら=横浜市中区

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の賛否を問う住民投票条例案を巡り、横浜市会本会議で質疑が行われた6日、市役所前では、条例案を直接請求した市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」が、横断幕を掲げて住民投票の実現を訴えた。

 市会を傍聴していた同会運営委員長の岡田尚弁護士は、林文子市長が付与した意見や本会議での質疑を踏まえ、「はっきりしたのは、(市長が)市民の意見を聞くつもりがないということ。冷たい答弁だった」と批判。

市会第1回臨時会での質疑で答弁資料に視線を落とす林文子市長=6日午前、横浜市会本会議場

 代表民主制が健全に機能しているなどとして、住民投票の実施に否定的な見解を示した林市長に対し、「大都市の市長には、あれぐらいの『ずうずうしさ』と『おごり』がないとなれないのかと思った」と皮肉った。

 住民投票条例を巡っては、同会が必要な法定数の3倍超に当たる署名19万3193筆を市に提出。住民投票条例の制定を直接請求した。(佐藤 百合)

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング