1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 浸水被害の排水樋管 画像や水位、ネットで公開 川崎市

浸水被害の排水樋管 画像や水位、ネットで公開 川崎市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年12月28日(月) 11:02

市ホームページで公開された排水樋管の監視カメラ映像

 川崎市は25日、昨秋の台風19号で浸水被害があった5カ所の排水樋管について、水位計や監視カメラなどで得られた情報の公開を市ホームページ(HP)で始めた。災害時の市民の情報判断に生かしてもらう狙い。

 情報が公開される排水樋管は、中原区の2カ所(山王、宮内)と、高津区の3カ所(諏訪、二子、宇奈根)。市は6月末までに、内水位計と外水位計、流速・流向計、監視カメラを設置。情報は、市上下水道局のHPに「排水樋管情報」として掲載されている。

 排水樋管は、堤防内の内水を河川に排出するため、堤防を貫通して設置される水路。台風19号では、大雨で多摩川の水位が大幅に上昇し、河川の水が樋管から下水道を通じて、地盤が低い排水樋管周辺であふれた。

防災に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング