1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 菅首相初の国会論戦、5日終了 閉会後も課題山積

政界の断面
菅首相初の国会論戦、5日終了 閉会後も課題山積

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年12月3日(木) 10:21

菅義偉首相(資料写真)

 菅義偉首相(衆院神奈川2区)にとって初めて与野党と論戦を交わした国会が5日、幕を閉じる。日本学術会議の委員任命拒否問題に始まり、終盤には安倍晋三前首相の「桜を見る会」前夜祭疑惑が勃発。新型コロナウイルス対策に追われる中での波乱の41日間だった。一連の「Go To キャンペーン」をどうコントロールしていくのかなど、閉会後に山積する政局絡みの宿題を審議経過をまじえまとめた。

学術会議任命拒否

 立憲民主、共産など野党は、6人任命を見送った理由の開示を各種審議の中で再三求めた。しかし菅首相は「個人に関わる判断の根拠についてはお答えできない」と詳細を明かさず「説明不足」の批判を浴びた。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング