1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 県立足柄上病院、浸水時停電の恐れ 発電設備の移設を検討

県立足柄上病院、浸水時停電の恐れ 発電設備の移設を検討

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年12月2日(水) 05:00

 黒岩祐治知事は1日、県立足柄上病院(松田町)の非常用発電設備が浸水時に稼働しない恐れがあると明らかにした。設備が病院内の地下1階に置かれているためで、県立病院の運営を担う県立病院機構は上層階に移す検討を進めているという。 …

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

浸水に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング