1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 佐藤・茅ケ崎市長、1期目折り返し 「命守る施策に重点」

佐藤・茅ケ崎市長、1期目折り返し 「命守る施策に重点」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年12月1日(火) 15:00

1期目の2年間を振り返る佐藤市長=茅ケ崎市役所

 2018年11月の茅ケ崎市長選で初当選した佐藤光市長が1期目折り返しに入った。

 服部信明前市長の急逝を受け市政のかじ取りを担い、少子高齢化を見据えた施策展開と行財政改革に取り組んできた。同市長に成果と今後の課題、展望を聞いた。

 -この2年間、子育て支援の充実に注力してきた。

 「前市長時代から保育所等の受け入れ枠拡大と就職奨励金の支給など保育士確保の両面で対策を強化した結果、今年4月1日時点で待機児童ゼロを実現した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で財政は厳しさを増しているが、引き続き子育て支援にはしっかりと取り組んでいく」

 「昨年6月に創設した子ども未来応援基金には昨年は1千万円、今年に入り400万円の寄付が寄せられた。ひとり親家庭の支援などコロナ禍の下で子どもたちが安定した生活を送れるよう基金を活用していく」

 -コロナ禍が地元事業者の経営を直撃している。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

茅ケ崎市長選・茅ケ崎市議選に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング