1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 原発処理水「南鳥島周辺に放出を」 維新・松沢氏が提案

原発処理水「南鳥島周辺に放出を」 維新・松沢氏が提案

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年11月7日(土) 07:00

参院予算委員会で質問に立つ日本維新の会の松沢氏

 日本維新の会の松沢成文氏(参院神奈川選挙区)は6日の参院予算委員会で、東京電力福島第1原発の汚染水を浄化した後の処理水の処分方法について政府の見解をただした上で、日本最東端の南鳥島(東京都小笠原村)周辺に海洋放出すべきだと求めた。

 第1原発の処理水を巡っては、汚染水浄化後に残る放射性物質トリチウムを含む処理水を保管するタンクが2022年夏ごろに満杯になる見込み。有識者会議がまとめた報告書で海洋放出も選択肢の一つとされたが、新たな風評被害が生じることへの警戒感が強い。

 松沢氏は「政治の決断力が欠如している」と批判。処分コストや風評被害を最小化する解決策として「南鳥島に運搬して海洋放出する方法しかない」と迫った。菅義偉首相は「いつまでも方針を先送りできない。適切な時期に処分方針を決めていく」と述べるにとどめた。

松沢成文(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング