1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 同一答弁で「守り」の首相 かみ合わぬ質疑、たびたび中断

同一答弁で「守り」の首相 かみ合わぬ質疑、たびたび中断

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年11月6日(金) 05:00

参院予算委で質疑が止まり、委員長席に集まった与野党議員の協議を待つ菅首相(中央)

蓮舫氏「支離滅裂以上の対応」

 菅義偉首相(衆院神奈川2区)は5日、衆院から舞台を移した参院予算委員会に臨んだ。野党から「熱意や国家観が伝わらない」などと厳しい批判を浴びせられたが挑発には乗らず、同一答弁で突っぱねた。かみ合わない質疑に審議はたびたび中断し、「良識の府」には異例の光景が広がった。

 「熱意が伝わらない」と指摘した立憲民主党の蓮舫氏は、日本学術会議会員の任命拒否問題について矢継ぎ早に追及。首相は「個々の人事についての説明は控える」と従来の答弁を繰り返した。用意された紙を読み上げる場面も目立った。

 「支離滅裂以上の対応だ。これで本当に『国民のために働く内閣』なのか」との批判には、「しっかり働きたい」と短く答弁。一方、加藤勝信官房長官に答弁を譲る消極的な姿勢を指摘されると「官房長官と総理は一体です」と持論を展開し、語気を強めた。

畳みかけられても

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

菅義偉(政治家)に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング