1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜港や神戸港、旅客ターミナルのコロナ感染対策を強化

新型コロナ
横浜港や神戸港、旅客ターミナルのコロナ感染対策を強化

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年11月2日(月) 11:20

クルーズ船「飛鳥Ⅱ」に乗船する前に検温を受ける乗客=横浜港大さん橋国際客船ターミナル

 ウィズコロナ時代に向けたクルーズ船の運航再開で、船内と同様に感染拡大防止の鍵を握るのが発着ターミナルだ。

 横浜港や神戸港は、船側との協議や連携した訓練を重ねて水際対策を強化してきた。集団感染に対する市民の不安を取り除き、地域経済の活性化につなげる道を探っている。

飛鳥Ⅱと訓練

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング