1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 神奈川県、デジタル推進へ新部署 LINE執行役員が指揮

神奈川県、デジタル推進へ新部署 LINE執行役員が指揮

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月28日(水) 05:00

 県は27日、行政の情報化を推進するための新部署「デジタル戦略本部室」を来月1日付で設置すると発表した。LINE執行役員で県のCIO(情報統括責任者)兼CDO(データ統括責任者)を務める江口清貴氏が全体の指揮を執る。

 行政手続きのデジタル化を巡っては、政府も「デジタル庁」の創設を進めている。黒岩祐治知事は27日の定例会見で戦略本部室について「いわば神奈川版デジタル庁だ。各局で取り組む事業や施策をデジタルの側面から支援し、県庁全体のデジタル基盤を整備したい」と述べた。

 戦略本部室は現在の総務局ICT推進部を再編し、70人体制でスタートする。各局に「デジタル推進責任者」を配置し、全庁での推進体制も整える。

 また、政策局未来創生課を27人体制(兼任含む)に増員し、デジタル活用による社会課題の解決を体感してもらう体制を強化する。知事は「デジタル化が進むことで生活の満足度を高めたい」と力を込めた。

江口氏「今が千載一遇の好機」

インタビューに答える江口清貴CIO兼CDO=県庁

 県が新たに設置する「デジタル戦略本部室」の陣頭指揮を執る江口清貴CIO(情報統括責任者)兼CDO(データ統括責任者)=LINE執行役員=が神奈川新聞社のインタビューに応じ、「人々と行政が身近になるシステムをつくっていきたい」と述べた。

 ─菅義偉新政権が行政のデジタル化を推進する中、果たしていく役割は。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

神奈川県に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング