1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横須賀市 帰国者・接触者相談センター継続へ

新型コロナ
横須賀市 帰国者・接触者相談センター継続へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月22日(木) 11:05

横須賀市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横須賀市の上地克明市長は21日、「市では今後も相談窓口として帰国者・接触者相談センターの開設を続ける」との方針を明らかにした。

 県が新たに「発熱等診療予約センター」を設け、「帰国者・接触者相談センター」を終了するとした対応を受けたもの。上地市長はインフルエンザや風邪の患者が増える季節を迎えることから、「新型コロナの疑いがあるかどうかを保健所が責任を持って判断し、PCRセンターや医療機関に引き継ぐことで医療崩壊や受診控えを防ぐことができる」と説明。市医師会、三浦半島病院会の同意も得ているという。

 県の対応については「否定するものではない」とした上で、「地域には地域の実情がある。医師会、病院会と連携し、横須賀モデルとして進めたい」との考えを示した。

新型コロナに関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング