1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横浜市長「住民投票なら結果を尊重」 反対多数なら強行せず

IR考
横浜市長「住民投票なら結果を尊重」 反対多数なら強行せず

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月16日(金) 21:41

横浜市の林文子市長(資料写真)

 横浜市が進めるカジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致を巡り、林文子市長は16日の定例会見で「住民投票の結果を尊重する」と述べた。市内では現在、住民投票条例の直接請求に向けた署名活動が行われ、既に必要な法定数に達している。

 市長は昨年夏の誘致表明以降、「住民投票を行う考えはない」との立場を示してきたが、同日の会見では「もし住民投票が行われ、IR反対が多数であれば、結果は尊重したい」と述べ、反対が賛成を上回った場合、誘致を強行する考えはないとの見解も示した。

 署名活動は、2017年の市長選で「白紙」を掲げ3選を果たした林市長が19年8月に一転、誘致を表明したことに反発した市民団体「カジノの是非を決める横浜市民の会」が9月4日にスタート。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

カジノ(IR)、リゾート施設に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング