1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 認知症の早期発見目指し、検査端末を配備 平塚市

認知症の早期発見目指し、検査端末を配備 平塚市

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月16日(金) 12:00

簡易認知機能検査ができるプログラムを搭載したタブレット

 認知症の早期発見につなげようと、平塚市は、簡易認知機能検査ができるプログラムを搭載したタブレットを市内13カ所の地域包括支援センター「高齢者よろず相談センター」に配備した。

 簡易検査は鳥取大学が開発した「物忘れ相談プログラム」を利用し、タッチパネルで回答する。

 

検査5分、その場で結果

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

認知症に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング