1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 外国ルーツの子に日本語を 横浜市教委、鶴見小に支援拠点

外国ルーツの子に日本語を 横浜市教委、鶴見小に支援拠点

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月10日(土) 15:00

 横浜市教育委員会は、外国にルーツを持つ小中学生のための日本語支援拠点施設「鶴見ひまわり」を、市立鶴見小学校(同市鶴見区)内に開設した。同様の施設は市内で2カ所目。来日したばかりの子どもたちに週3回、1カ月かけ、日本語を教え、在籍する学校になるべく早く打ち解けられるようにする。

 市教委によると、日本語の指導が必要な児童生徒は市内で年々増加している。2019年は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

教育に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング