1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 低すぎた「女神橋」工事再開 みなとみらい、12月供用へ

低すぎた「女神橋」工事再開 みなとみらい、12月供用へ

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月6日(火) 23:11

年末の供用開始に向けて工事が進む「女神橋」=横浜・みなとみらい21地区

 横浜・みなとみらい21(MM21)地区の運河に建設中の歩行者デッキ「女神橋」が低く架設されて観光船が通れず、暫定措置としてジャッキアップされている問題で、中断していた工事が再開され、12月末に供用が開始される見通しであることが6日、分かった。

 当初は今年7月末の開通を予定していた。

 事業主体の市は、女神橋の橋脚を桁下高約3・5メートルで計画して3月に架設したが、上流に架かる「国際橋」中央部の桁下高約4・2メートルより低かったため、これまで通れていた観光船が通航不能に。急きょ、4月に橋桁を約60センチジャッキアップして桁下空間を暫定的に確保していた。

総事業費「現段階では分からない」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横浜港に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング