1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 相模原市、2021年度市税収入110億円減の見込み

新型コロナ
相模原市、2021年度市税収入110億円減の見込み

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年10月1日(木) 10:43

 相模原市の本村賢太郎市長は29日の市議会で、2021年度の市税収入が前年度当初予算比で約110億円(9%)減の約1190億円と見込んだ試算を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、市税減収額は政令市移行後最大となる見通し。

 法人市民税は…

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

予算に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング