1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 自転車で食事宅配の副業、中学校教諭を処分 「体力維持」

自転車で食事宅配の副業、中学校教諭を処分 「体力維持」

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月29日(火) 17:34

横浜市教育委員会

 自転車で飲食店の食事を配達して収入を得ていたなどとして、横浜市教育委員会は29日、市立岡野中学校(同市西区)の男性教諭(53)を停職6カ月の懲戒処分にした。市教委の聞き取りに、教諭は「体力を維持するためだった」と釈明しているという。

 市教委によると、教諭は昨年7月から今年6月までの間、土日を含む計255日間、飲食店の依頼で食事を自転車で個人宅などに配達し、計約140万円の収入を得ていた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休校中にも、10日間の自宅勤務を申請し、うち9日間は配達していた。

 また前任の市立港南台第一中(同市港南区)でも、バス通勤を申請しながら徒歩や自転車で通い、手当計約18万円を不正受給したという。

 市教委はまた、昨年10月から今年8月まで、勤務時間外に無断で不動産会社と個別指導塾に勤務し、計23万の収入を得るなどしたとして、市立梅林小(同市磯子区)の臨時的任用職員の女性事務職員(60)を減給10分の1(6カ月)の懲戒処分にした。市教委によると、女性事務職員は採用前から勤務していた。

 どちらも市教委に匿名の通報が寄せられ、発覚した。

懲戒処分に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング