1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 慶大SFC隣接の36ヘクタール 「健康と文化の森」前進

慶大SFC隣接の36ヘクタール 「健康と文化の森」前進

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月26日(土) 20:40

 慶応大学湘南藤沢キャンパス(SFC、藤沢市遠藤)に隣接する約36ヘクタールの地域を対象にした「健康と文化の森」構想の事業化を巡り、関係機関や団体を含む地権者約290人による土地区画整理準備会が25日までに設立された。

 SFCに集積する情報や医療などの先端技術と、豊かな自然環境を生かした都市拠点の形成に向け、2020年度中に事業計画の策定に着手し、22年度以降の市街化区域の編入を目指す。

五つの将来像を提示

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

土地区画整理に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング