1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 米軍根岸住宅跡地、横浜市大2病院の「最有力候補地」に

米軍根岸住宅跡地、横浜市大2病院の「最有力候補地」に

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月21日(月) 05:00

「文教・住宅・公園」3ゾーン

 横浜市は18日、米軍根岸住宅地区(横浜市中・南・磯子区)の跡地利用に関する基本計画案を、市会基地対策特別委員会で報告した。

 跡地を「文教」「住宅地等」「森林公園」の三つのゾーンに分け、文教ゾーンを市立大学医学部と市大付属2病院を再整備する「最有力候補地」とした。文教ゾーンには他に、市大以外の大学施設の誘致も検討する。

 住宅地等ゾーンは周辺にあるJR根岸駅や市営地下鉄吉野町駅からのアクセスの良さに配慮しながら、「ゆとりある質の高い住宅地」と位置付け、低層が中心の住宅地を整備。森林公園ゾーンは隣接する根岸森林公園を拡張する。

2病院は総合医療拠点に

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

根岸住宅に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング