1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 平塚市民病院、赤字6億円増 コロナで患者数減、資金不足

平塚市民病院、赤字6億円増 コロナで患者数減、資金不足

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月12日(土) 05:00

平塚市民病院

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、平塚市民病院の4~6月の四半期の医業収益が前年同期と比べ21%減少し、赤字額も6億8600万円悪化していることが11日、分かった。患者数が2割以上減ったのが原因で、病院幹部は「仮にこのペースで赤字が続けば年度内に資金不足になる恐れもある」と危機感を募らせている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

平塚市民病院に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング