1. ホーム
  2. ニュース
  3. 政治・行政
  4. 横須賀市「裁判も視野」 新フェリー問題 港運協会と対立

横須賀市「裁判も視野」 新フェリー問題 港運協会と対立

政治・行政 | 神奈川新聞 | 2020年9月5日(土) 05:00

横須賀市役所

 2021年7月に開設予定の横須賀港(横須賀市)と北九州港(北九州市)を結ぶ新フェリー定期航路計画を巡り、横須賀市と港運運送業者らが加盟する横須賀港運協会の協議が暗礁に乗り上げている。フェリーが発着する予定の同港新港ふ頭について、市は事業者とフェリーの「共存」を提示しているが、協会側は事業に支障をきたすとして計画の白紙撤回を求めており、隔たりが広がっている。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

横須賀港に関するその他のニュース

政治・行政に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング