1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. テクニカルショウヨコハマ、独創的技術持つ中小企業出店目立つ/横浜

テクニカルショウヨコハマ、独創的技術持つ中小企業出店目立つ/横浜

経済 | 神奈川新聞 | 2012年2月2日(木) 22:00

3日までパシフィコ横浜(横浜市西区)で開催されている工業技術見本市「テクニカルショウヨコハマ2012」では、独創的な技術を持つ中小企業の出展が目立っている。

素材メーカーの静科(大和市)は、世界最薄クラスの防音材を公開。厚みがわずか15ミリながら、声やテレビの音などを抑制する。スポンジ系の材料を独自加工したという。武紘一・経営企画室長は「うちだけにできる技術」と胸を張った。

アース機械設計(秦野市)は、図面やスケッチをもらうだけで、完成後の製品の様子を3次元(3D)アニメーション動画として作成するサービスを公開。笠島良一社長は「開発のスピードアップにつながる」と熱心に説明していた。

特殊印刷などを手掛ける三興ネーム(横浜市旭区)は、透明フィルムでできたヒーターを出展。特殊フィルムに電気を流せば温まる。液晶パネルや監視カメラなど電気製品の結露防止などに使われるという。

日の出製作所(川崎市川崎区)は、特殊な加工を施したゴルフパターを製作し、得意とする高精度の金属加工技術をアピールしていた。

【】

3Dに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング