1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 東京ガスが平沼ビル建て替え、CO2排出量削減へ13年完成/横浜

東京ガスが平沼ビル建て替え、CO2排出量削減へ13年完成/横浜

経済 | 神奈川新聞 | 2011年10月15日(土) 00:52

東京ガスは、太陽熱など再生可能エネルギーを空調設備に活用した事務所ビルを横浜市西区平沼に建設する。従来の空調設備に比べて二酸化炭素(CO2)排出量を3分の1削減できる見込み。既存の東京ガス平沼ビルを建て替えるもので、新ビルは地上5階建て、総床面積約7200平方メートル。来年2月に着工し、2013年3月に完成する予定。

太陽光集熱器やガスコージェネレーションシステムの廃熱でつくられた温水と、太陽熱利用ガス吸収冷温水機でつくられた冷水の熱を効率よく利用する。自然採光や自然換気を取り入れるなど、自然エネルギーを積極的に利用する。

同社は10年度、省エネや耐震安全性、長寿命化を考慮した「設計ガイドライン」を作成しており、省エネ対応の空調設備への更新を進める方針。顧客にも導入を促し、計10万トンのCO2排出量削減を目指す。

【】

太陽熱に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング