1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 東急百貨店たまプラーザ店が22日に新装開店、婦人服など新規38店舗/横浜

東急百貨店たまプラーザ店が22日に新装開店、婦人服など新規38店舗/横浜

経済 | 神奈川新聞 | 2011年9月11日(日) 22:13

東急百貨店たまプラーザ店(横浜市青葉区)は22日、リニューアルオープンする。感度の高い30~40代の女性やファミリー層をターゲットに、婦人服や服飾雑貨などを強化し、計38の店舗を新規導入する。サービス面でも新たな試みを取り入れ、顧客満足度の向上を目指す。

改装の対象は地下1階(食と生活雑貨)と地上1階(婦人・服飾雑貨)、2階(婦人服)、5階(子ども)の4フロア。中でも婦人服フロアは「ポールスミス」「マーガレットハウエル」など16店舗がオープン。子どものフロアは、親子3世代の来店を意識した構成にした。

サービス面では販売員に声を掛けられることなく買い物をしたい客向けに目印となる「チャーム」の貸し出しを開始。また「オフィス内」「太陽の下」などの光が再現できる調光システムを備えた試着室を設置。電話で商品の注文を受け、即日配達するカード会員向けサービスも始める。

改装の狙いについて、担当者は「(東京急行電鉄が整備したたまプラーザ駅前の商業施設)たまプラーザテラスの中核として、ワンストップショッピングが実現できるようにした。両施設の回遊性が高まれば」と話している。

【】

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング