1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 福島産野菜を味わおう、横浜のシェフが料理披露/神奈川

福島産野菜を味わおう、横浜のシェフが料理披露/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2011年6月2日(木) 21:45

福島県産の野菜を使った料理が振る舞われた「アペリティフの日」=パシフィコ横浜
福島県産の野菜を使った料理が振る舞われた「アペリティフの日」=パシフィコ横浜

横浜市内で働く和洋中のシェフたちが2日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区で開かれた食のイベント「アペリティフの日2011 in 横濱」で、福島県産の旬の野菜を使ったオリジナル料理を披露した。

横浜の食文化に貢献するシェフたちでつくるNPO法人横浜ガストロノミ協議会(今平茂理事長)が「横浜から被災地に元気を届けたい」と企画。市内34の飲食店やホテルなどが協力し、フランス料理や中華、和食、デザートなど約40種類もの料理をふるまった。東北の地酒も提供された。

市民ら820人が参加。福島県産トマトを添えたパルメザンチーズのムースを食べた大和市の女性看護師(35)は父親が仙台出身。「東北は身近だけに、被災者の苦労を思うと、おいしい料理を食べられる幸せを感じる。作り手の気持ちが伝わる企画は非常に良い」と話した。来賓あいさつした林文子市長は「福島県産の食材は安全だと思っている。横浜市も大いに使わせてもらおうと思っている」と安全性をPRした。収益金はすべて世界食糧計画(WFP)日本事務所を通じて被災地に寄付するという。

【】

地酒に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング