1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 女性顧客の声反映 春物新作で横浜高島屋

女性顧客の声反映 春物新作で横浜高島屋

経済 | 神奈川新聞 | 2017年2月14日(火) 12:18

しわになりにくく、汚れが目立ちにくい春物コートを共同で開発した =横浜高島屋
しわになりにくく、汚れが目立ちにくい春物コートを共同で開発した =横浜高島屋

 横浜高島屋(横浜市西区)が、同店の女性限定会員制クラブ「パザパクラブ」メンバーとともにプロジェクトを発足し、共同で春物新商品を開発した。約4カ月の製作期間を経て完成した計13アイテムが店頭で販売されている。「似たブランドが出店するなど、百貨店における婦人服の同質化が指摘されており、差別化が図れる商品をお客さまとつくろうと考えた」と同店。衣料品販売が苦戦する中、春物商品に弾みをつける狙いもある。

 プロジェクトは昨秋から始まった。美容や食、健康に関心の高い女性をターゲットにした同クラブの会員数は約1万人。このうち、事前アンケートの回答者も含め約60人が参加した。「春に欲しいセカンドコート」をテーマに会員と婦人服バイヤーらが話し合ったところ、「春らしい淡い色を着たいが、薄いと汚れが気になる」「パンツとスカート、どちらにも対応できるコートが欲しい」といったアイデアが出た。

 こうした声をヒントにバイヤーがメーカー担当者と形にし、最終的にしわになりにくく、裏地の色まで趣向を凝らした13点のコートが完成。価格は2万~4万円台で、特に「洗えるはっ水機能付きコート」の評判が上々で、試着も多いという。

 バイヤーの村田加奈子さんは「デザイン以上に実用性を求める声が多かった。ニーズを把握する貴重な機会になった」と話す。3月にはプロジェクトで開発したバッグや帽子、アクセサリーを発売するという。

高島屋(横浜、港南台、ほか)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング