1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 京浜臨海部にバイオ燃料プラント 18年秋、千代田化工など

京浜臨海部にバイオ燃料プラント 18年秋、千代田化工など

経済 | 神奈川新聞 | 2017年2月11日(土) 16:34

 バイオジェット・ディーゼル燃料を製造実証する国内初のプラントが、2018年10月までに横浜市内の京浜臨海部に建設される。

 航空燃料などでの実用化を目指すプロジェクトの一環で、バイオ企業のユーグレナ(東京都)とプラント建設大手の千代田化工建設(横浜市西区)が10日に発表した。

 同燃料は、ミドリムシ由来の油脂からの製造を目指している。プラントは約58億円を投じ、鶴見区の旭硝子・京浜工場内に建設する。着工が今年6月、稼働は2019年前半を目指す。

 両社は同日、「20年までの国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化に向けた製造面の体制整備が完了した」とのコメントを出した。

日揮に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング