1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. カップヌードルミュージアム、日清がMM21に9月開館/神奈川

カップヌードルミュージアム、日清がMM21に9月開館/神奈川

経済 | 神奈川新聞 | 2011年1月20日(木) 11:22

工程を体感できる遊具施設のイメージ図
工程を体感できる遊具施設のイメージ図

日清食品ホールディングスは19日、横浜・みなとみらい21(MM21)新港地区で建設中の企業博物館について「安藤百福(ももふく)発明記念館(愛称・カップヌードルミュージアム)」と命名し、9月17日にオープンすることを明らかにした。安藤宏基社長らが都内で会見した。

記念館は横浜市中区新港2丁目で地上5階建て、総床面積約1万平方メートル。外観デザインは赤れんがの壁とガラスを組み合わせ「伝統と革新」を表現する。

日清食品の創業者でインスタントラーメンを発明した安藤百福の歩みを通じ「発明・発見の楽しさや大切さを子どもたちに知ってもらいたい」(安藤徳隆専務)との趣向。展示デザインはアートディレクター佐藤可士和さんが担当し、「常識にとらわれない」「あきらめない」など安藤百福の言葉を現代アートの手法を用いて表現するコーナーが登場する。

同社の企業博物館は大阪府池田市の「インスタントラーメン発明記念館」に次いで2カ所目。横浜は3倍の広さがあるため、大阪で人気の「チキンラーメン手作り体験工房」や「マイカップヌードルファクトリー」などのコーナーを拡充。カップヌードル工場の生産ラインを体感できる大型遊具施設や、世界の麺を味わうコーナーが新設される。

食育学習の一環として地元の小学生や、外国人観光客の来場を期待している。当初の来場者数は年間60万人を目指す。入館料は大人500円、高校生以下は無料。

【】

カップヌードルミュージアムに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング