1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜の活性化策を協議、政財界人が推進協 カジノも検討

横浜の活性化策を協議、政財界人が推進協 カジノも検討

経済 | 神奈川新聞 | 2010年12月22日(水) 23:22

 横浜の政財界人を中心に新たな地域活性化に取り組む「ヨコハマ活性化推進協議会」の設立総会が22日、横浜市内で開かれ、約50人が参加した。

 同協議会は横浜市会都心部活性化特別委員会の調査研究テーマ「成長と発展をリードする都心部活性化プロジェクト」の具体化へ向け田野井一雄市議らが発起人となり、中長期的な観点から横浜経済の活性化を官民一体で進める狙いで設立された。

 設立総会では、会長に渋谷慎一郎相鉄ホールディングス特別顧問を選出、「横浜は陸海空のそれぞれの面で恵まれている。その活性化は十分にやりがいがある」と抱負を語った。横浜市からは小松崎隆副市長も参加し、「外国人観光客の集客増へ向け、ぜひ横浜ならではのコンテンツを育てていただきたい」とあいさつした。

 総会では、検討テーマとして(1)モナコやルマンに匹敵する市街地自動車レースの開催(2)クラシックカーラリー(3)法案成立を前提としたカジノ構想(4)外国人観光客のためのショッピング施設構想―などを決めた。

カジノ・リゾート施設(IR)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング