1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. トップに聞く 自己改革で所得増大

JA横浜代表理事組合長 黒沼利三氏 
トップに聞く 自己改革で所得増大

経済 | 神奈川新聞 | 2016年8月10日(水) 12:18

JA横浜黒沼氏
JA横浜黒沼氏

 環太平洋連携協定(TPP)正式合意や改正農協法施行など、農業を取り巻く環境は転換の真っただ中にある。所得増大を目指す施策や都市農業を維持発展していくための課題について、JA横浜の新代表理事組合長に就任した黒沼利三氏(68)に聞いた。

 -代表理事組合長としての抱負は。

 「経済情勢の先行き不透明感が高まる中、TPPや改正農協法といった厳しい改革の波が押し寄せてきている。昨年度に策定した自己改革実施計画に基づいて農業所得の向上に努めていく。食と農を基軸とする地域に根ざした協同組合の確立を目指し、着実な事業運営を行いたい」

 -田奈農協と合併して1年余が経過した。

 「田奈はもともと組合員の結束力が強く、営農活動も盛んな地区。合併によって信用・共済事業に加え営農力も一層増したと感じている。農業振興拠点『田奈恵みの里』を活用し、同地区で受け継がれた農の個性や特性をJA横浜の一側面として、広く発信していく」

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

農協に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング