1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 横浜へのMICE誘致で連携 ホテルなど18社が魅力アピール

横浜へのMICE誘致で連携 ホテルなど18社が魅力アピール

経済 | 神奈川新聞 | 2016年5月9日(月) 12:09

担当者の説明を聞きながら施設を見学する参加者=4月14日、ホテルニューグランド
担当者の説明を聞きながら施設を見学する参加者=4月14日、ホテルニューグランド

 横浜市中区の山下町エリアにMICE(国際会議、展示会などの総称)を誘致する民間レベルの取り組みが続いている。歴史的な街並みや、多彩な施設が集積していることが強み。ホテルや会議場、観光船運営会社、鉄道事業者、観光施設などが中・小規模のMICEを取り込み、地域活性化につなげようと連携を図る。

 2010年に発足した「横濱山下MICE推進協議会」には現在、18社が加盟。ホテルニューグランドの吉田一継常務取締役総支配人が委員長を務め、DVD作成、共同セールスといった活動を重ねている。

 第50回アジア開発銀行年次総会(17年)、ラグビー・ワールドカップ(19年)の開催、さらには東京五輪・パラリンピック(20年)と横浜が今後、注目を集めることは必至。同協議会としては、横浜・みなとみらい21(MM21)地区のパシフィコ横浜のような大規模施設はないが、会議やパーティー、宿泊などに対応できる施設が徒歩圏内に集積、周辺エリアを含め観光も楽しめる点をアピールし、誘致につなげたい考えだ。

 4月14日には、旅行会社の関係者らを対象にした施設内覧会と商談会を開催。3回目となる今回は過去最多の49人が訪れ、初めて大学からの参加もあった。吉田委員長は「しっかりとした商品、サービスでおもてなししたい」と強調。商談会の会場にはレストラン船「ロイヤルウイング」を使用、港町ヨコハマを体感できる演出もした。

 参加者の反応は上々で、終了後のアンケートでは「(各施設が)コンパクトにまとまっていて良い」「利用を検討したい」といった声も。同協議会事務局長で、ホテルニューグランド営業部長の木曽博文さんは「今後は加盟施設の拡充を図るとともに、多くの人が山下地区へ訪れるよう、情報共有や連携を一層図りたい」と話している。

ホテルニューグランドに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング