1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 三浦半島で最高層 ビル内に新商業施設が開業

三浦半島で最高層 ビル内に新商業施設が開業

経済 | 神奈川新聞 | 2016年4月4日(月) 02:00

児童合唱団の歌声が響いたオープニングセレモニー=横須賀市大滝町のリドレ
児童合唱団の歌声が響いたオープニングセレモニー=横須賀市大滝町のリドレ

 三浦半島最高層の約143メートルを誇るザ・タワー横須賀中央(横須賀市大滝町)内の商業施設「LIDRE(リドレ)」が3日、オープンした。ビルの低層部分で医療施設が中心に入居する。住宅部分は昨年11月から入居が進み、今回の商業施設開業で横須賀の新たなランドマークは全面稼働した。

 京急線横須賀中央駅に近い繁華街に誕生したリドレは、地上38階地下2階建てのビルの1~4階。内科、眼科、整形外科、歯科など医療施設のほか英語学校、コンビニ、飲食店、衣料品店などが入居し、多くの店舗が既に営業を始めている。

 大滝町2丁目地区市街地再開発事業として、2006年に再開発協議会が発足してから約10年がかりの事業となった。

 セレモニーで吉田雄人市長は「横須賀の中心市街地を大きく変える。リドレに続く新たな再開発を形にしていかなければならない」、平松廣司横須賀商工会議所会頭は「灯台をモチーフにしたおしゃれな施設で市民の交流の中心になってほしい」と、それぞれあいさつした。

 テープカットが行われ、横須賀学院吹奏楽部の演奏やかもめ児童合唱団の歌声が披露された。

商業施設に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング