1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. ミニカーをエクストレイルに切り替え 日産、工場見学者にプレゼント

ミニカーをエクストレイルに切り替え 日産、工場見学者にプレゼント

経済 | 神奈川新聞 | 2016年1月3日(日) 11:40

見学者に配られることになった「エクストレイル」のミニカー
見学者に配られることになった「エクストレイル」のミニカー

 日産自動車(横浜市西区)は、神奈川県内2工場を含む国内工場見学者にプレゼントしている記念品のミニカーを人気のスポーツ用多目的車・エクストレイルに順次切り替え始めた。これまで贈っていた電気自動車のリーフと異なり非売限定品。ファンにはお宝になりそうだ。

 エクストレイルは2000年から市場投入された車種。緊急ブレーキ機能などの先端技術を社内でいち早く搭載した経緯もあり、「ものづくりのブランドイメージをさらに広めたい」などの理由から新たな記念品の車種に選ばれた。

 ミニカーは13年にフルモデルチェンジした3代目の現行車がモデル。組み立て式で、全長は6・5センチほど。赤、白、黒の3色で陳列用のステージも付く。担当者は「工場見学と記念品で日産により愛着を感じてもらいたい」と話している。

 県内には追浜工場(横須賀市)と横浜工場(横浜市神奈川区)があり、年間見学来場者は約7万6千人に上るという。見学は専用ページ(http://www.nissan-global.com/JP/PLANT/)などから申し込める。

日産自動車に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング