1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 英で最大風力発電設備 三菱重工が受注 17年に建設開始

英で最大風力発電設備 三菱重工が受注 17年に建設開始

経済 | 神奈川新聞 | 2015年12月22日(火) 02:00

 三菱重工業は、デンマークの合弁会社を通じて英国北西部の洋上風力発電所「ウォルニー・ウインド・ファーム」向けに世界最大出力の洋上風力発電設備40基を受注したことを、21日までに発表した。建設開始は2017年。現地の46万世帯分の電力を生み出すという。

 受注したのは、三菱重工とデンマークの風力発電設備メーカー・ヴェスタス社の合弁会社MHIヴェスタス。世界有数の洋上風力発電事業者ドン・エナジーが拡張を進める同ファームで40基の新設と保守サービスを行う。詳細は明かしていないが、受注額は「数百億円規模」(三菱重工)という。

 洋上風力発電設備は風車のような構造物で、翼の長さが80メートル、海面から翼の先までの高さが187メートルに上る。定格出力が8千キロワットと世界最高水準を誇るが、三菱重工は「(同ファーム拡張の)プロジェクトに合わせて最適化し、最大出力8250キロワットを実現して提供したい」と説明した。

 三菱重工は14年に設立したMHIヴェスタスを通じ、欧州での洋上風力発電設備の受注・建設を進めている。

三菱重工業に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング