1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 24時間“満喫”して 女性専用店舗が秋葉原に 化粧品も充実

24時間“満喫”して 女性専用店舗が秋葉原に 化粧品も充実

経済 | 神奈川新聞 | 2015年12月17日(木) 02:00

白を基調とした内装の女性専用「快活CLUB」=東京都千代田区
白を基調とした内装の女性専用「快活CLUB」=東京都千代田区

 紳士服大手AOKIホールディングス傘下のヴァリック(横浜市都筑区)が、女性専用の漫画喫茶を東京・秋葉原にオープンした。同社が運営する漫画喫茶「快活CLUB」の女性専用店。これまでも一部店舗で女性エリアを設けていたが、より安心感を高めてもらおうと女性限定の店舗を初めて開設した。今後、全国で200店舗まで増やしていく構想だ。

 女性専用の1号店は3日、JR秋葉原駅前にオープンした。ピンクグレープフルーツのほのかな香りに包まれる店内は、白を基調とした内装で明るい雰囲気を演出している。同社の女性社員10人が半年前にプロジェクトを組み、快適な店舗作りに向けて意見を出し合ってきた。

 店舗面積は247平方メートルで、64の個室を備える。1万2千冊のコミックをはじめファッション誌やアニメ雑誌が棚に並ぶ。オープンに先立ち、店頭やウェブで快活クラブ会員の女性らにアンケートを実施した結果、支持が高かったことから、コミックの6割は少女漫画にした。


 24時間営業でスタッフは女性のみ。着替えや化粧ができるドレスルームやシャワー室のほか、加湿器、化粧品といった備品も充実させている。

 快活CLUBは全国に約280店舗あり、2年前に導入を始めた女性専用エリアは県内5カ所を含む計23店舗にある。通常店舗に比べ女性客の比率が高いことから、女性限定の店舗は需要があると判断した。

 現在、快活クラブの女性会員は15%ほどで、将来的には30%に増やしたいという。秋葉原はアニメイベントなども盛んで、愛好家の利用と拡散効果にも期待している。

 「男性がいると利用をためらいがちだった女性も安心して過ごせる」と、同社の中林佑烝社長(69)。「働く女性も家庭にいる女性も、それぞれが疲れをためている。さまざまな用途が楽しめるこのお店でリラックスしてほしい」と利用を呼び掛けている。

ゆるキャラに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング