1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. バイオ燃料、国内製造へ 千代田化工など、2020年実用化目指す

バイオ燃料、国内製造へ 千代田化工など、2020年実用化目指す

経済 | 神奈川新聞 | 2015年12月2日(水) 03:00

国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化を発表したユーグレナなどの関係者=東京都大田区
国産バイオジェット・ディーゼル燃料の実用化を発表したユーグレナなどの関係者=東京都大田区

 ミドリムシ由来の油脂からバイオジェット・ディーゼル燃料と呼ばれる航空機などの燃料を国内製造するプロジェクトが動き出す。横浜市鶴見区に主要研究拠点を置くバイオ企業ユーグレナ(東京都)や千代田化工建設(同市西区)など5社が1日、発表した。京浜臨海部の同市域に国内初となる同燃料の製造実証プラントを建設し、2020年の実用化を目指す。

 「革新的な技術の開発で温暖化防止に貢献したい」

 羽田空港に接する全日本空輸(ANA)の格納庫。集まった報道陣を前に力を込めたのは、ユーグレナの出雲充社長だ。同社は世界で初めてミドリムシの屋外大量培養技術を確立し、バイオ燃料研究を続けてきた。

 東京五輪などを見据えて実用化を目指すのは、再生可能な生物由来のバイオマス燃料。航空・運輸業界の脱化石資源と低炭素社会を推進する上でも期待される次世代の燃料という。

この記事は有料会員限定です。

月額980円で有料記事読み放題/100円で24時間読み放題のコースも。詳しくはこちら

燃料電池車に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング