1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 「西口の顔に」 新生相鉄ジョイナス、12月1日開業

「西口の顔に」 新生相鉄ジョイナス、12月1日開業

経済 | 神奈川新聞 | 2015年11月12日(木) 03:00

12月1日にオープンする新生・相鉄ジョイナスのイメージ
12月1日にオープンする新生・相鉄ジョイナスのイメージ

 2年以上かけて進められてきた横浜駅西口の商業施設「相鉄ジョイナス」と「ザ・ダイヤモンド」の一体化工事が今月終わり、12月1日、“新生相鉄ジョイナス”がついに開業する。両施設の売り場面積を最大限生かしながら、「西口の顔」としての存在感を高めていく。

 運営は相鉄ビルマネジメント。一体化により、新生・相鉄ジョイナスの売り場面積は約3万5千平方メートルになる。店舗総数437、年間売り上げ目標約670億円と「全国有数の商業施設となる」(相鉄)という。

 工事は2013年8月に開始し、20段階に分けて行われてきた。今回の最終工事では地下1階の共用通路部分を全面リニューアル。両施設の通路デザインや全館の案内サインを統一することで案内表示が分かりやすくなるほか、駐車サービスや無料配送サービスの共通化で、買い物の利便性が強化される。

 店舗ではレディースファッションやコーヒーストアなど、計28店が新規・リニューアルオープン。地上(1~4階)をファッション中心のフロアにし、地下(地下1・2階)ではスイーツやレストラン、美容、生活雑貨など幅広いジャンルを扱う。地上階は10代後半から30代前半の女性をターゲットにし、地下階では世代を問わない多様な顧客のニーズに応える。

 買い物・飲食100円ごとに1ポイントがつき、500ポイントで500円相当の買い物などに利用できるオリジナルポイントカードの事前入会を受け付け中。会員限定特典として、対象店舗でカードを提示すると、購入商品(3千円以上)を全国に無料配送できるサービスが受けられる。

 相鉄の担当者は「ジョイナスは約半世紀にわたり横浜の人々と歩み続けてきた。地元をはじめ、遠方から来る人にも利用してもらえる魅力あるショッピングセンターとして成長していきたい」と話している。

相模鉄道●に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング