1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 【動画】日産は自動運転車公開 県内企業も自信作披露

東京モーターショー2015
【動画】日産は自動運転車公開 県内企業も自信作披露

経済 | 神奈川新聞 | 2015年10月29日(木) 03:00

プレスブリーフィングで自動運転について話す日産自動車のゴーン社長=東京ビックサイト
プレスブリーフィングで自動運転について話す日産自動車のゴーン社長=東京ビックサイト

 “自動車の祭典”とも言われる東京モーターショーでは、県内に拠点を持つメーカー各社も独自の最新技術を搭載した自信作を披露する。日産自動車(横浜市西区)は、人工知能(AI)がドライバーの走り方を学んで再現する機能を備えた自動運転車をサプライズ公開。三菱ふそうトラック・バス(川崎市幸区)は4基のクレーンが付いたコンセプトトラックなど、いすゞ自動車(東京都品川区)はフルモデルチェンジし遠隔サポート機能などを盛り込んだ大型トラックなどで臨む。 

 日産が公開した電気自動車(EV)のコンセプト車「ニッサンIDSコンセプト」にはドライバーによる運転と、自動運転の二つのモードがある。自動運転ではAIがドライバーの走り方や癖などの運転スタイルを学習して再現し、快適で安心できる乗り心地を実現。周囲に歩行者などの存在を検知すると、ボディサイドのLED(発光ダイオード)ラインが光って相手を認識していることを外部に伝え、前方のディスプレイに「お先にどうぞ」とメッセージを表示するコミュニケーション機能も持つ。

 コンセプト車「テアトロforデイズ」は若者向けのEV軽自動車。白い内装がスクリーンとなり、動画などを映せる。好みに合わせてメーターやカーナビを映し出し、表示位置や大きさを変えることも可能だ。従来より走行距離を延ばしたEV「リーフ」の改良モデルも紹介しており、カルロス・ゴーン社長は「日産が開発する数々の技術により、より安全で、クリーンで、つながっていて、わくわくするモビリティーの時代が近づきつつある」と強調した。

 「Running ahead 明日をドライブする全ての人をサポート」をテーマに掲げた三菱ふそうトラック・バス。従来モデルから実燃費を向上させた大型トラックの最新モデルや、エコハイブリッドをベース車にモーターを発電機とする非常用電気供給車両を展示。(1)つかむ(2)すくう(3)掘る(4)砕く-のアタッチメントが付いた4基のクレーンを搭載したコンセプトトラック「スーパーグレートV スパイダー」が来場者の目を引いた。三輪為夫副社長は「3台の展示車両はまさしくテーマを象徴するもの」と胸を張った。

 藤沢市に生産工場を持ついすゞ自動車は、大型トラック「ギガ」をフルモデルチェンジし、28日から発売すると発表した。新型ギガは国内大型トラックでは初めて、ミリ波レーダーとカメラを併用したプリクラッシュブレーキを採用。またリアルタイムでエコドライブの助言をする機能や、基幹装置の稼働状態のモニタリングから故障の前兆を捉えて知らせる機能などを搭載した。片山正則社長は「最新情報技術を駆使し『つながる』を実現したことで、物流の課題のトータルソリューションに向けての新しいプラットホーム構築に一歩踏み出した」と力を込めた。

モーターショーに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング