1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. かながわ信金、綾瀬の活性化へ 市商工会と協定

かながわ信金、綾瀬の活性化へ 市商工会と協定

経済 | 神奈川新聞 | 2015年10月24日(土) 11:52

協定を結んだ笠間会長(右)と平松理事長 =綾瀬市商工会館
協定を結んだ笠間会長(右)と平松理事長 =綾瀬市商工会館

 綾瀬市商工会(笠間茂治会長)とかながわ信用金庫(平松廣司理事長)は23日、地域経済の活性化に向けて相互に支援しあう協定を結んだ。事業者の紹介や起業家育成につなげる。

 同商工会館で開かれた調印式で、笠間会長は2017年度中に予定されている東名高速綾瀬スマートインターチェンジの供用開始に触れ、「街が変わりつつある中で、積極的に信金のノウハウを吸収したい」と期待。平松理事長は企業情報のデータベース化を支援する方針を示し、「経済発展の方向性をつくりたい」と意気込んだ。

 かながわ信金は14年11月、県央地区初となる綾瀬支店を開店。商工会などとの協定は4件目となる。

商工会議所(商議所)に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング