1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 訪日観光客呼び込め 川崎で経営者らがセミナー

訪日観光客呼び込め 川崎で経営者らがセミナー

経済 | 神奈川新聞 | 2015年6月30日(火) 03:00

外国人を呼び込むための事例などが紹介されたセミナー=川崎市幸区の市産業振興会館
外国人を呼び込むための事例などが紹介されたセミナー=川崎市幸区の市産業振興会館

 訪日観光客を川崎市内に呼び込もうと、飲食店経営者らを対象にした「インバウンド対策セミナー」が29日、同市幸区の市産業振興会館で開かれた。飲食店情報検索サイト「ぐるなび」を運営する株式会社ぐるなび(東京都千代田区)が主催し、約70人が参加。訪日客の関心を引きつけるため、インターネットを活用した情報発信や接客方法、成功事例などを学んだ。

 食文化や飲食産業の活性化などに向け、市と同社が5月に締結した「地域活性化連携協定」に基づいて開催。ぐるなび大学の水野奈美さんが講師を務めた。

 水野さんは、昨年は1341万人の外国人が日本を訪れ、今年も7月だけで200万人近くが来日すると説明。「利便性が良い川崎を訪れる外国人は確実に増える」とした上で、「英語や中国語が話せなくても、メニューや食べ方の翻訳版やイラストを作っておけば、とっさのときに見せれば良いので便利」と話した。

 さらに、店を選んでもらうためには「食体験イベント」が注目されていると指摘。外国人が法被姿ですしを握れる和食店のイベントなどを紹介し、「立地が良くない店でも、『すしを握れるのはここしかない』となれば客は来る。こうした体験を盛り込むのも一つだ」と話した。

観光振興に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング