1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 総額3億円分販売 伊勢原市が15日から、プレミアム商品券

総額3億円分販売 伊勢原市が15日から、プレミアム商品券

経済 | 神奈川新聞 | 2015年6月10日(水) 03:00

伊勢原市と市商工会が発行するプレミアム付き商品券(見本)
伊勢原市と市商工会が発行するプレミアム付き商品券(見本)

 伊勢原市と市商工会は、20%のプレミアム付き商品券を発行するにあたり、15日から30日まで購入希望者を募る。より多くの人に利用してもらえるよう事前申し込みによる抽選方式を採用する。

 商品券は国の地域活性化・地域住民生活等緊急支援交付金を活用し、1万円で1万2千円の買い物ができる。券は5千円分(500円券の10枚つづり)の小売店専用の地域券と7千円分(千円券の7枚つづり)の市内大型店との共通券がセットになっている。2万5千セット、額面総額3億円を販売する。

 市内の参加店舗は地元商店のほか、スーパーなど大型店、コンビニエンスストアなどを含む300店舗を予定する。「20%のプレミアム率で活性化への商店側の期待は大きい」と市商工会の担当者。

 対象は市内在住・在勤・在学者。購入は1人3セットまで。申し込みはがきは、新聞折り込み(15日折り込み予定)チラシに付属しているほか、市役所、市商工会、指定金融機関などの窓口でも入手できる。商品券は、当選はがきと引き換えに7月15日から指定金融機関で購入する。

 問い合わせは、市商工会電話0463(95)3233。

商品券に関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング