1. ホーム
  2. ニュース
  3. 経済
  4. 水素社会へ実証試験 川崎市と東芝が世界初の自立発電システム

水素社会へ実証試験 川崎市と東芝が世界初の自立発電システム

経済 | 神奈川新聞 | 2015年4月21日(火) 03:00

新たなシステム(後方)の実証実験開始のボタンを押す福田市長(右)と田中社長=川崎市川崎区の川崎マリエン
新たなシステム(後方)の実証実験開始のボタンを押す福田市長(右)と田中社長=川崎市川崎区の川崎マリエン

 川崎市と東芝は、再生可能エネルギーでつくった水素を燃料として電力や温水を供給する「自立型水素エネルギー供給システム」を川崎マリエン(川崎市川崎区東扇島)に設置し、20日に共同実証試験をスタートさせた。マリエンは帰宅困難者の一時滞在施設に指定されおり、災害時には同システムから300人分の電力と温水を1週間供給できる。自立型の水素発電システムは世界初という。

 同日の実証試験開始セレモニーで、東芝の田中久雄社長は「究極のエコエネルギーソリューションだ。将来の水素社会実現に向けた具体的な一例として広く世の中にPRしていきたい」とあいさつ。川崎市の福田紀彦市長も「2020年には東京五輪がやってくる。世界に日本がどんな未来を発信、貢献できるかを、このシステムを通じ、川崎から発信できることがうれしい」と話した。

 同システムは、太陽光発電設備と水素を製造する水電気分解装置、水素貯蔵タンク、蓄電池などを組み合わせた。太陽光発電の電力を使い、水から水素を発生させて貯蔵。電力と温水を供給する燃料として活用する。太陽光と水だけで動くため、ライフラインが寸断した場合にも、自立して電力と温水が供給できる。

 また、トレーラーで運べるコンテナと同じ大きさのため、別の被災地などにも輸送可能という。

 平常時は、川崎マリエンの補助電源として使用。電気や温水などの使用量などを監視し、最適に制御することで、電気料金削減につなげる。

 同市での実証事業は20年度末まで。東芝はこのシステムを15年度上半期にも市場で販売する予定。

川崎マリエンに関するその他のニュース

経済に関するその他のニュース

PR
PR
PR

[[ item.field_textarea_subtitle ]][[item.title]]

アクセスランキング